任意売却は精神的にも金銭的にもメリット大

任意売却は精神的にも金銭的にもメリット大

景気の悪化などが原因で、住宅ローンを払えなくなってしまったとしましょう。

その場合、債権者から督促状や催告書などが次々と送られてきて、最後には競売となって、家から追い出されてしまいます。

そういった不安から逃れたいのであれば、早めに任意売却をすることをおすすめします。

任意売却すると家を失うことになりますから、難しい決断ではあります。

ですが、家を手放さないからこそ、重い住宅ローン返済を迫られているという現実を認めることが必要です。
任意売却をすれば、競売になった場合よりも、ずっと残債を少なくすることができますし、任意売却後の返済計画についても自身の状況を考慮したものにしてもらえます。

金銭的にも精神的にも任意売却はメリットが多いですから、早めの決断をおすすめします。

 

競売より任意売却は有利な方法です

任意売却というのは、住宅ローンの返済が行えなくなった場合に、自分の家を売って住宅ローンの返済を行うことです。

競売より任意売却は有利な方法です。 

融資元の金融会社の合意に基づき物件の売却を行うわけですが、相場に近い金額で任意売却の場合でも売却を行うことができます。

しかも、残った債務の返済なども容易に返済できるよう相談可能で、任意売却の物件を売却した際に引越し代が出ることがあります。

一方、競売というのは、自宅を強制的に売却され、落札される金額が相場より安いことが多いため多くの債務が残ります。

さらに、競売の場合には、近くの人にも分かってしまうため売主は大きな負担になります。

住宅ローンの支払いが厳しく売却を考える際、任意売却の方法も選んでみてはどうでしょうか。

Calendar