競売と任意売却の違い

競売と任意売却の違い

住競売の場合、任意売却とは異なり

不動産を手放さなくてはいけないほうの意思とは関係なく強制的に売却されることを意味します。

また競売の場合、裁判所が最低価格を決めて、その後の入札と言う形がとられます。

裁判所が定める最低価格は任意売却からの市場価格からすると安いと言わざるを得ません。なぜなら競売にかかっている不動産などに手を出す人は限られていますし、競売で土地や住宅を購入する際、普通の形での販売ではないのが理由と言えるでしょう。

もちろん入札制ですから高い値がつくことがありますが対外の場合、任意売却よりも安い値のほうが多いでしょう。競売入札の形ですと何かいわく付きの物件なのではと考えて購入を控える場合もありますが

任意売却の形ですと、普通の不動産の売り買いと同じですので買い取る側に無駄な心配をさせることもありません。これからはほとんどの場合任意売却という形がとられていくでしょう。

 

任意売却で残債務をなるべく減らすには?

任意売却をおこなうにあたってなるべく残債務を残さないためにはどうしたらよいのでしょうか。まず最初に任意売却の業者に依頼すると思いますが、できるだけ経験や知識の豊富な専門の業者にお願いするとよいでしょう。また債権者や法律家につながりがある業者もよいでしょう。そして債権者側が勧めてくる任意売却の業者には絶対依頼しないようにしましょう。やはり債権者側が得をするように任意売却が進むからです。そのような勧めは丁寧にお断りしましょう。ですからできるだけ残債務を減らすように任意売却をおこなうためには、自分で任意売却の専門業者を探すことと、経験豊富でさまざまな分野にコネクションのある業者に依頼することがベストな方法と言えるでしょう。

 

Calendar