不動産を建てられる土地の中で

不動産を建てられる土地の中で

日本の国土は都市計画法で規制されています。

その中の市街化区域は12のタイプの用途地域に分類されており、建物の目的によってより適した用途地域があります。その中には不動産を建てられる地域と不動産を建てられない地域があります。

低層住居専用地域は第一種、第二種に分かれています。2〜3階までの低層である不動産のための土地であり、住居系の不動産用地域で最も環境に配慮された地区です。住居など不動産を建築しようとする土地についても、建蔽率・容積率・建物の高さなど様々な規制があり、そのために良好な環境が守られているといえます。第一種、第二種の違いは、第二種では小規模な飲食店や店舗が営業できることなどです。不動産の用途に応じて、土地の取得を意識するのがよいでしょう。

 

不動産を建てられる土地の中で

住宅などの不動産物件を購入する際、新築と中古物件で悩むケースはとても多いものです。新築の真新しさに憧れはあるものの、中古不動産物件の価格の魅力に惹かれるという方は珍しくありません。

中古不動産物件の最大の魅力は何と言っても新築物件と比べて価格が安いという点です。不動産購入後はローンの返済が待っているのが一般的です。もちろん購入価格が安い方が、ローンの返済負担も小さくなります。

中古とはいえ、最近の中古住宅はきちんとリフォームもされていて前の居住者の気配が残っているという例はほとんどありません。物件によっては新築と比較しても見劣りしないくらいにリフォームされている場合もあります。

本来ならば莫大な費用が必要な不動産物件購入をより低価格で抑える為には、中古物件も視野に入れて検討してみることをお勧めします。

Calendar