不動産の内覧会

不動産の内覧会

不動産のオーナーとしては、不動産にとってマイナスとなることのひとつが、空室だといえるでしょう。空室が長く続いてしまうと、収益という点でも一気に落ちてしまいます。そしてその空室のある期間が長ければ長いほど、収益は減ってしまいます。不動産オーナーとしては、できるだけ空室ははやく埋めたいと考えます。そういったときに、あたらしいテナントの誘致をするために行うのが、不動産の内覧会です。

内覧会では、実際にその不動産に入居したい人だけではなく、それを斡旋する不動産業者も招待したりします。そうして、できるだけ多くの人に、その不動産を見てもらって、早く入居を決めようとするのが、内覧会を実施する不動産オーナーの目的だといえます。

 

不動産の処分を考える時

遺産相続などで受け取った田舎の不動産を保持しつづけている人は少なくありませんが、物によっては固定資産税だけがかかってしまう、ムダな不動産になっています。場所が遠くなのでどうすることもできず、何年も放置状態になっている不動産の扱いについては、やはり早めに処分を考える必用があるでしょう。不動産のある土地の不動産業者に処分を依頼するのが最も簡単な方法ですが、遠方である場合にはこれもなかなか難しくなります。法事などで故郷を訪問した際に、ついでに不動産屋探しを行っておくのが良いでしょう。不動産の相続や処分の問題は、身内や親戚であっても問題が起こりやすいことですから、人任せにしすぎずになるべく自分で対応するようにするのが得策です。

Calendar